三国志の世界をアダルト色に「恋姫無双シリーズ」

2007年に最初の作品が発売された「恋姫無双」は、過去の偉人や武将を女体化したジャンルの中では、特に有名な部類に入る。

 

 

三国志の世界をアダルト色に「恋姫無双シリーズ」

 

 

殊更、三国志と言う著名な題材をアダルトゲームに上手くパッケージ化している点は非常に興味深い。江戸時代に滝沢馬琴が水滸伝を性転換させて作品したように、日本の古き良きお家芸であると言っても過言ではない。

 

 

この作品の良いところは、原点である三国志や演義の逸話などを忠実に再現している点。

 

 

例えば劉備一行をもてなすために人肉でもてなす逸話(ゲーム内では未遂に終わるが)や、目を射抜かれた夏候惇がその目を飲み込む描写などは、アダルトゲームであるからこそ実現可能な表現であるため、率直に評価したい。正し、本家で絶世の美女とされた貂蝉が、性転換の弊害を受けて恐ろしい存在になっているのはご愛嬌であるが。

 

三国志の世界をアダルト色に「恋姫無双シリーズ」

 

この作品は、売上や評判が大変良かったために、様々な賞を受賞し、シリーズ化やコンシューマー化がなされている。特に本作の続編には、三国志をそれぞれの陣営に別れて進んでいくルートが用意されているのでお薦めである。


冒険ファンタジー 学園・青春 エロカードゲーム 調教・凌辱 3次元・リアル