私はラインポップにはまりました。

 

それは、私がスマホデビューする前でしたが、休憩室で同僚たちが、
いつも話題にしていたので、面白いんだなあくらいに思っていましたが、思いのほかはまってしまいました。

 

ラインポップにはまりました。|エロゲ馬鹿のスマホギャルゲー・エロゲー総合サイト

 

そして、私がスマホデビューするなり、同僚が
「一緒にはじめよう、たのしいよ。」と私を悪への道へと誘ったのです。

 

まず、同僚たちの一連のゲームをダウンロードして、
「ラインポップ」「ラインバブル」「バズルフレンズ」「ラインジェリー」
スマホアダルトゲーム」などを一通り経験しました。

 

ですが、一番奥の深さを感じたのはやはり「ロードオブワルキューレ」でした。

 

私はあまり才能がないので、100万点を超えるのにかなりの時間を要しました。
そして、あとから始めた同僚が私を軽々と超えていったので、ますます熱くなってしまいました。

 

まず、朝普段起きる時間より10分早く起きて1クールをこなします。
そして子供たちの朝ごはんの支度などを済ませる頃には40分経っていて、
8分ごとに貯まるハートがフルになって5個になっているのを見計らい1クール。
出勤まえに駅に10分早く着いてまた1クール朝だけで人の3倍ゲームをする計算です。

 

お昼休憩もその通りで、まず休憩に入ってお昼を食べる前に1クール食べてから、
ほかのゲームで時間を潰して40分経った頃また1クールをして、休憩を終えます。

 

日中仕事の時間はもちろん仕事をしますが、
仕事を終えて駅についたら1クールをするために、電車を1本見送ります。

 

そして家のある駅に着いたら1クール、
一日を終えるまでに仕事のある日で10クールはしていると思います。
いろんなミッションや宝箱や手を変え品を変え、私の心を奪ったといっても過言ではないでしょう。


冒険ファンタジー 学園・青春 エロカードゲーム 調教・凌辱 3次元・リアル